あそびつーる

Google I/O開催

(永久保存版ニュースβ 2019/5/8)
5月7日(日本時間5月8日午前2時)より、12回目となるGoogleによる年次開発者会議「Google I/O 2019」がアメリカのカリフォルニア州にあるサンタクララ郡内の「マウンテンビュー」という都市で行われました。
内容は、Pixel 3aなどのスマートフォンや、最新の「Android Q」の機能、Google検索で追加されるカメラ機能として、検索した内容を自分のカメラにARのように投射できる機能など様々な最新機能が紹介されました。

Google I/Oとは

2008年より開催されているGoogleによる年次開発者会議。

発表された主な内容

Pixel 3a

Pixel3をコストダウンさせた「Pixel 3a」(4万8600円)と「Pixel 3a XL」(6万円)が発表
カラーリングは、Just Black、Clearly White、Purple-ishの3色
プロセッサは、Snapdragon 670で、メモリが4GB、ストレージは64GB
ポート類は、USB-C(USB2.0)、3.5mmオーディオジャック、nanoSIMに対応。
リアカメラが12.2MP(f1.8、シングル)フロントカメラが8MP(f2.0、シングル)となっています。

Pixel 3a

ディスプレイ:5.6インチOLED(2,220 × 1,080)
サイズ:151.3×70.1×8.2mm
重量:147g
バッテリー:3,000mAh

Pixel 3a XL

ディスプレイ:6インチOLED(2,160 × 1,080)
サイズ:160.1×76.1×8.2mm
重量:167g
バッテリー:3,700mAh

「Android Q」

最新のAndroidです、今秋リリース予定。
5G通信への対応や折りたたみスマホにネイティブに対応することが発表されました。
セキュリティアップデートは端末の再起動をしなくても良くなります。
その他にも、以下のような新機能がいくつか紹介されました。

「ダークテーマ」

システム全体のバッテリーを抑えたり、目が疲れにくい効果のあるダークなデザインに変更できます。

「Focus Mode」

設定でONにしてからでないとアプリを起動できなくする機能

「Live Caption」

オフラインでも動画に字幕をつけることができます。

「Suggested Actions」

メッセージ内容を見て、ユーザーが使いたいアプリのアイコンを表示して起動を提案してくれます。

その他にも、一言の取り急ぎな返信を提案してくれる機能「スマートリプライ」がGmail以外でも利用できるようになります。
また、利用した履歴などが残らないシークレットモードがChromeやYouTubeだけではなくGoogle MapやGoogle検索にも適応される予定です。

Build 2019開催
永久保存版ニュースβ(2019年5月7日)